新着情報|明るい未来塾株式会社|個別指導や映像授業等代理店

新着情報
TOPICS

カテゴリー:

すべての投稿

おすすめ書籍紹介

  • ブログ
『ドラッカー経営戦略』ピーター・ドラッカー 企業の存在理由は何であるか。ドラッカーの有名な言葉に、「企業の目的は顧客の創造である。」、「企業の目的を営利組織と答えるのは、間違っているだけではなく的外れである。」というものがある。「顧客の創造と」とは、顧客の欲求を満足させることである。顧客を創造するには、「我々の事業は何か。何であるべきか。」という問いに明確な答えを持たなければならない。 ...
続きを読む

おすすめ書籍紹介

  • ブログ
『言葉と物』ミッシェル・フーコー(1926年~1984年)(ポストモダンの代表作) 20世紀後半フランスではポストモダン思想が現れてきた。ミッシェル・フーコーは、ポストモダンの代表的な思想家である。ポストモダン思想の基本的モチーフは、近代社会の制度が矛盾の構造であることを示すことにある。自由や平等といった理念から家族や国家といった制度に至るまで、近代社会それ自体が、実は暴力や抑圧によって支えられてい...
続きを読む

おすすめ書籍紹介

  • ブログ
『10代のための人間学』書籍の紹介:「国民教育の父」森 信三[もりのぶぞう] (明治29年~平成4年)「立志の書」・「自立の書」として中高生に向けてやさしく説いた書です。生き方の指南書です。10代の学びが人生の土台をつくります。早くから人生の態度を確立することの必要さ・大切さが説かれています。 筆者は冒頭で次のような内容を掲げています。「人生2度なし。」というメッセージです。私たちの人生が二度と再び繰り返し...
続きを読む

おすすめ書籍紹介

  • ブログ
『最強組織の法則』ピーター・センゲ著(学習するチームをつくり全員の意欲と能力を引き出す) 日本企業の組織力とチームワークは、かつて世界で高く評価されてきた。しかし、現在の複雑で変化の激しい環境下において、各企業は問い直しを迫られている。米経営学者ピータ―・センゲが1990年に発表した『最強組織の法則』は、新たなチームワークのあり方への指針を示してくれている。 1.センゲは、「これからの組織は、一人の戦略家...
続きを読む

おすすめ書籍紹介

  • ブログ
『お母さんのためのアンガ―マネジメント』 著者紹介:島田妙子 日本で初めて「母親のためのアンが―マネジメント」開催。「大人は自分の感情に責任を持とう。」こう語る筆者は幼少期に6年間にもわたり壮絶な虐待を受けた経験をもとに、児童虐待防止の活動を行っている。 アンガ―マネジメントは、1970年代にアメリカで生まれた、「怒りの感情と上手に付き合うため」の心理トレーニングで、2011年頃から日本で広まり始めた。アン...
続きを読む